4Kテレビではインチ数をワンランクアップしよう!超大型4Kテレビがおすすめな理由!

4Kテレビ選びはインチ数で決まる!

超大型4Kテレビ

テレビと言えば、4Kテレビは当たり前と言わんばかりに、テレビのラインナップは4K解像度以上がほとんどになりました。地上デジタル放送以降にハイビジョンテレビを購入した方でも、そろそろ4Kテレビに買い替えたいとお考えではないでしょうか。

ハイビジョンから4K解像度に上がったことで、さぞかし高精細できれいな映像が視聴できると、どれを買おうか選んでいる時点ですでに楽しいものです。4Kテレビというだけあり、4K解像度であれば、どんな4Kテレビでも、以前のハイビジョンテレビより数段すばらしいものになるのは間違いはないでしょう。
ただ、自分が好みの画質のメーカーやモデル以外にこだわるところもなく、サイズやインチ数も以前に使っていたハイビジョンテレビと同じくらいで良いだろうと、考えていると、思ったほど4Kテレビを視聴した時の感動が薄いかもしれません。

超大型サイズこそ、4Kテレビ、最高の活かし方!

現在、4Kテレビは40インチクラスが最小サイズではあります。それ故に、32インチハイビジョンテレビからすれば、4Kテレビへの買い替えは大型となるのは必然なですが、それまでに40インチクラス級のフルハイビジョンテレビを使用していたのであれば、4Kテレビではワンランク、ツーランク、サイズアップしないと4K解像度の恩恵はそれほどないです。
それは、これまでのハイビジョンテレビ、フルハイビジョンテレビでも40インチクラス以下であれば、けっこう優秀で、画素の粗さが目立つわけでもなく、きれいな映像であったからです。いわば、薄型テレビの完成形でもあり、不服なところはほとんど見当たらなかったのです。
ただ、フルハイビジョン解像度で50インチクラスになってしまうと、どうしてもドットの方が目立ってしまい、ノイズでも入ろうものなら、まだまだ改善の余地があるのではないかと思えてしまうようなものだったのです。そのため、大型ハイビジョンテレビへの買い替え移行に乗り気ではなかった方もいらっしゃったのではないでしょうか。
しかし、時代は4Kです。たとえ65インチクラスであろうが、ドットが目立つようなことはなくまりました。4Kテレビでようやく超大型テレビでも薄型テレビの完成形となったと言えます。
つまり、超大型クラスは4Kテレビこそが最適なのです。

ハイビジョンテレビの常識を変える、4Kテレビ

とはいえ、スペース的にも、これまで慣れ親しんできたサイズ的にも、薄型テレビはせいぜい40インチクラスで十分と考えてしまうと、それは実にもったいない買いものになるのです。
40インチのフルハイビジョンテレビと4Kテレビでは、解像度の違いの認識がそれほど得られるものではありません。多少、色彩が上がったかなくらいとしか、見分けがつかないでしょう。4K解像度は65インチクラスでも画素が認識できないとなると、4Kテレビは大型の方がメリットがあるということになります。
どんな高精細な映像でも、小さくしてしまえば、低解像度といっしょです。逆に、解像度の高いのであれば、拡大してみられる分、得られる映像量が多いのです。

4Kテレビは、見ていて飽きない!

ということで、4Kテレビが大型であればあるほど、画角も広いため、一回、4K映像を視聴しただけでは、見きれない部分が出てきます。それは、4Kテレビが見づらいということではなく、細部にわたって精細であることから、いろいろなところに興味が行ってしまい、視点が定められないほど、興味深い映像であるからです。
4Kテレビは飽きないのです。
いくらハイビジョン映像でも、背景などはぼやけてしまうくらいで、ピントが一点に絞られ、視聴ポイントは限られてしまいます。4K映像の場合、画面の隅から隅まで高精細なため、テレビの画面一つでも、視点の幅が広がります。自由度が増すのです。
4Kテレビは、ハイビジョンテレビのように漠然と見ていないと、見逃すところも多く、巻き戻して見なければならないほどです。そのため、たとえ同じ映像を何度も見返しても、新鮮に思えるのです。よって、4Kテレビは飽きが来ないのです。単純に考えても、フルハイビジョン画面4枚分の映像が4Kであるわけで、4倍分の楽しみができるのです。

超大型4Kテレビでの楽しみ方

トラベル
その上でおすすめしたいのが、YouTubeで配信している4K映像であります。ただ、街を歩いているだけの散策動画であったりするのですが、これが意外にも楽しめます。海外の都市などを撮影されたものも多々あり、旅行したような気分になるのです。
そして、さらに、おすすめしたいのが65インチクラス級の超大型4Kテレビです。そのくらいのサイズになると、4K映像が実寸大のように見えるからです。臨場感がハンパありません。これが、40インチクラス4Kテレビとは、まったく違うことで、4Kという高精細に、臨場感、没入感があるほどです。

4K8Kテレビは救世主!

もしこれが、8Kであれば、どんな世界観にあるのだろうという期待もあるのですが、4Kテレビでも十分なくらい楽しめます。4Kテレビは、大きすぎるくらいがちょうど良いという認識だけはしてほしいのです。
これまでのハイビジョンテレビの常識で4Kテレビを選ぶと、4Kテレビを活かしきれません。新型コロナウィルスでこのようなご時世でもあり、4Kテレビを大いに活用していきましょう。
お読みいただきありがとうございました。
samuraijin
4K8Kテレビ

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

inserted by FC2 system