BS4K放送だけは既存のBSアンテナでも視聴可能‼4Kテレビとチュナーさえあれば、周辺機器の買い替え一切不要!

BS4K8K放送視聴の準備に向けて

BSアンテナ
 2018年12月から放送開始されたBS4K8K放送ですが、それらを視聴するには色々、準備しなければならない場合がある事はご存知でしょうか。
きっと、こちらをご覧にお越し下さった方は、BS4Kチューナー内蔵4Kテレビは次々に発売されて、そろそろ視聴してみたいとお思いの方でしょう。最新の4K番組も増え始め、できるだけ早く視聴する事に越したことはないはずです。
ありがたい事に、BS4K放送だけは4KテレビとBS4Kチューナーさえあれば、視聴できてしまうのです。
ただし、4Kテレビさえあれば、BS4K8K放送のすべての番組がすぐにでも視聴できるわけではないので、ある程度、前段取りだけでも知っておいた方が良いでしょう。

テレビ選び

 
 BS4K8K放送視聴には、まず4Kテレビ、あるいは8Kテレビでなければなりません。高精細な画質を堪能するにはBS4K8Kテレビであることが第一条件となります。
しかしながら、現在販売されてある4Kテレビ、8Kテレビは、すべてにBS4K8Kチューナー内蔵されているとは限りません。BS8Kチュナー内蔵8Kテレビであれば、すべてチャンネル視聴において問題ありません。ただ、BS4Kチューナー内蔵4KテレビであればBS4K放送は視聴できますが、BS8K放送は視聴できません。
また、格安4Kテレビのように、4Kチュナー内蔵されていない4Kテレビの場合、地デジ化の時のようにBS4Kチューナーを購入し、外付けでHDMI端子を通して視聴することになります。
BS4K放送を視聴したいのであれば、BS4Kチュナー内蔵4Kテレビの購入をおすすめします。
BS4K8K放送対応へアンテナ類の更新
  地デジ化の時のように簡単ではないのが、すべてのBS4K8Kチャンネルを視聴するには、BS4K8K放送対応アンテナでなければならないことです。地デジ化の時にはなかったアンテナ等の交換をする必要が出てくるのです。
BSアンテナの場合、アンテナに電源を供給も必要になり、ブースター分配器などの周辺機器もろもろの交換が必要になってきます。さらに、アンテナで受信した信号を、同軸ケーブルでテレビに接続されるわけですが、そのケーブルもより高周波数対応、ノイズを受けないケーブルに変える必要性まで出てくる場合があります。テレビやチューナーに限らず、買い替えしなければならなくなるのは、経済的負担は地デジ化時よりも大きいものとなります。 
 現在のBS放送は右旋の電波を使用していますが、BS4K8K放送では新たに左旋の電波を使用することになります。そのため、既存のBSアンテナでは対応していない左旋電波対応のBS4K8K放送対応アンテナに交換する必要があります。
さらに右旋、左旋の信号を混信しないように左旋の電波は右旋より高周波の2224.41~3223.25MHz帯の信号に変換して伝送されるため、それらに対応した同軸ケーブルでなければならなくなるわけです。
しかも、それらは家庭で使用されるインターネットのWi-Fiの周波数のちょうど2.4GHz帯と重なります。そのため、BS信号かWi-Fi、どちらががノイズを受けてしまう可能性があるため、シールドがより強固なブースター、分配器、端子にしなければならなくなります。 

BS4K放送の一部は既存のBSアンテナでも視聴可能!

 幸いにも、従来通りの右旋電波で既存のBSアンテナでも受信でき、視聴可能なBS4K放送チャンネルがあります。しかもそれがありがたいことに主要なテレビ局なのです。 
BS右旋で
1.BS朝日4K 2.BSテレ東4K 3.BS日テレ4K 4.NHK BS4K 5.BS-TBS4K 6.BSフジ4K 
BS左旋で
1.ショップチャンネル4K 2.4K QVC 3.ザ・シネマ4K 4.WOWOW 5.NHK BS8K 
となります。
NHKBS4Kを始め、主要テレビ局のBS4K放送を既存のBSアンテナでも視聴できることは、ひとまず良い事ではないでしょうか。BS4Kチューナー内蔵4KテレビやBS4Kチューナーさえ買い揃えば、十分なくらいにBS4K放送を視聴できることにもなります。

BS8K放送だけは格上!

 新たな左旋電波を使用するBS8K放送だけは、テレビ、アンテナ、周辺機器を一新しなければならなくなるので、放送開始当初でもハードルが高いものとなるざる負えないものとなるでしょう。BS4K8K放送も本格化し、8Kテレビも随時、発売されるはずですが、充実していくのはまだまだ先のように思えます。
現在、映像、音声端子で主流にもなったHDMIの最新規格「HDMI2.1」ですら、8K60pの仕様ですから、フル規格の8K120pに達していません。それだけにフルスペック8Kテレビは高価なものになるかもしれないのです。
技術的にも8Kテレビが発展途上段階であるのも否めないのであれば、放送開始早々、8Kテレビへの買い替え、移行はもう少し様子を見ても良いでしょう。
BS4Kチュナー内蔵テレビはそれほど高価なものでないものとなりました。BS4K放送視聴に限られはするものの、期の熟した4Kテレビを購入し、今のハイビジョンよりは遥かに高画質な映像を楽しみましょう。そうしている内に、8Kテレビの環境が十分に整い、それから8Kテレビへの買い替えでも遅くはないのかと考えます。 


samuraijin
4K8Kテレビ

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

inserted by FC2 system